やまださとみ-山田佐登美さん

/

やまださとみ-山田佐登美さん


松本市梓川倭殺人事件の不思議?
  1. 田舎のこの手の事件は、近所、親せき、家族、交流仲間と相場が知れている。と思ったがなかなか犯人逮捕のニュースが入ってこない。
  2. 松本市の警察と言えば記憶に残るが松本サリン事件。冤罪を出した。思い込み捜査が大変な失態をやらかした事件だ。
  3. 今回はどういう事情か分からないが、捜査の進展が感じられない。

  • 疑問が残る。失血死というニュース。これはそう短時間では難しい。普通は放置された状態でなるものだから。悲鳴を聞いて階下に降りたと言うニュースもあるが、それなら短時間で直ぐに救急車を呼べば失血死にはなり難い筈だ。矛盾を感じる。
  1. 被害者の手から毛髪採取。DNAを調べれば直ぐに分かることだが、家族のものなら毛髪の存在は不自然なことではない。
(追記)
  1. 7月26日、相模原の凄惨な事件がニュースになっているが、この事件は既に1か月経過しているのに続報が出て来ない。松本警察署は何らかの経過報告を行うべきではないか。どうして黙って放置しているのだろう。既に解決しているならいいが市民の安心のためには説明責任を果たすべきではないか。


http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160628/CK2016062802000013.html

2016年6月28日

「早く犯人を見つけて」 松本女性殺害、地元住民に募る不安

現場からの回収品を運び出す捜査員ら=松本市で

 二十七日未明に松本市梓川倭の住宅で、この家に住む会社員山田佐登美さん(53)が殺害された事件。県警は捜査本部を松本署に設置し、本格的な捜査を始めた。一方、地元の小中学校では児童、生徒が集団下校するなど地元への影響が広がった。

 「子どもが心配で迎えに行ってきたんです」。梓川小学校四年の女子児童と手をつなぎながら、保護者の女性は不安を口にした。

 同小と梓川中学校は、市教委と相談してこの日は集団下校することにした。

 同小には約九百六十人、同中には約四百三十人が通っている。別の女性は「警察には早く犯人を見つけてほしい。今日は、子どもたちには悪いけど外で遊ばないように言っている」と打ち明けた。

 市教委は、二十八日も市立の小中学校に複数での登校を呼び掛けた。

 県警は二十七日午後に捜査本部を設置。現場検証を始めており、遺留品などの捜査を進めている。現場周辺では、捜査員が近所の住民宅を回り、聞き込みをする姿もみられた。

 松本署は専用フリーダイヤル=(0120)007285=を開設し、情報提供を呼び掛けている。




(追記)



1か月を経過して漸く犯人逮捕。容疑者は夫で単身赴任中の山田光則。大方の予想通りの結果だが、どうしてここまで長引いたのだろう。

やまだみつのり-山田光則

ささきただし-佐々木正


_

ささきただし-佐々木正

  1. 台湾企業の術中にはまり大量解雇の憂き目に遭う瀕死のシャープをみて、佐々木正氏を思い浮かべる人が居るとのことだ。しかし、一般にはあまり知られていない人だ。

あべときこ-阿部祝子



あべときこ-阿部祝子
-
  1.  高齢になって殺されるようなことって何があったのだろう。争いに巻き込まれたのか。家族は何をしていたのだろう。独り身だったら気の毒だ。


http://www.sankei.com/affairs/news/160627/afr1606270027-n1.html

2016.6.27 20:12更新
【目黒バラバラ遺体】
世田谷区在住の88歳無職女性と判明 

バラバラになった遺体が見つかった碑文谷公園の池をボートで捜索する捜査員ら=23日午後、東京都目黒区(福島範和撮影)

 東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、警視庁碑文谷署捜査本部は27日、遺体が世田谷区野沢の無職、阿部祝子(ときこ)さん(88)と判明したと発表した。阿部さんは1人暮らしで、家族と19日夜に自宅マンションで会って以降、連絡がつかなくなっていたといい、捜査本部が当時の詳しい経緯を調べる。

 捜査本部によると、26日昼に阿部さん宅を訪れた清掃用具レンタル業者が、阿部さんと連絡がつかないと警視庁に連絡。阿部さん宅を管轄する世田谷署員が別の場所に住む阿部さんの家族とともに室内に入り、不在を確認した。

 阿部さんには歯の治療歴があるなど、今回見つかった切断遺体の特徴と一致する点があった。捜査本部がマンション室内から採取した阿部さんの微物をDNA型鑑定したところ、遺体のものと合致したという。

 レンタル業者は、20日午前にも阿部さん宅を訪れていたが、このときも阿部さんと連絡がつかなかった。阿部さんと事前に約束をして設定した日だったといい、捜査本部はこの時点で阿部さんが事件に巻き込まれていた可能性が高いとみている。

※ 

(推理)

阿部祝子殺害犯を推理する

犯人逮捕は時間の問題だ。 警察は既に犯人と接触しているだろう。単純な算数と同じ。

被害者がマンションを出ていない以上、被害者がバラバラにされたのはマンションの中しかない。

住民トラブルか犯罪の目撃者になったために消されたか住民の単純な事故の隠ぺいか。

遺体遺棄は遠くへ運ぶものだが、車を運転しない人で、体力もない人。女性か、子供か、老人か。単独である必要はない。単身者に限らない。

内部の人なら防犯カメラに映らないルートを使うか、切断されて何かに入れて運び出された。

老人の嫉妬。

買物用のキャリーバッグに入れて運んだか。老人なら持っている人が多い。

もっとも、最初に疑われたのは長男の方だろう。最後に接触したことが確認できているので、そこで口論が無かったか。

夜8時、長男夫婦が帰る。お土産か何かのお裾分けに 、付き合いのある部屋を訪問する。言い争い。嫉妬。手に掛ける。途方に暮れる。死体を捨ててしまうことを考える。バラバラにして池・沼に捨てれば身元はばれない。

徒歩生活者には直線600メートルは遠い、十分離れた場所に見える。沼は底なし沼に錯覚していただろう。何よりも一刻も早く始末したい。

狂気の遺体切断。風呂場を使って血液は洗い流す。ビニール袋に入れてキャリーバッグに入れて、監視カメラに映らないように捨てに行く。1回では無理だ。4回程度になったかもしれない。

風呂場の洗浄、キャリーバッグの廃棄、刃物(包丁)も廃棄。匂いを消すために全体の掃除と消臭ケミカルも使っただろう。

 遺体がいつ発見されるか、びくびくしながら、家にいたか、気を紛らすために、外出か小旅行を考えただろうか。

既に遺体発見の後になった今は、他人を装うだけだ。

警察はキャリーバッグを見せてもらって新しければ事情を聞くようなことをやっているだろう。

いけだまり-池田麻里


.

いけだまり-池田麻里さん

  • 池田麻里さん
  • 殺人事件被害者
  • 佐久田なつき容疑者(29)
  1. 事件の存在も知らなかった。


「友達と橋へ」被害女性、知人に前夜話す 福岡の転落死

井上怜、比留間陽介2016年6月21日06時47分

 福岡県八女市で池田麻里さん(当時25)が転落死してから1年余。橋から約60メートル下に落として殺害したとして、県警が佐久田なつき容疑者(29)を殺人容疑で再逮捕した。池田さんの知人は当初から「死に不審な点がある」と感じていた、と取材に話した。

知人女性を橋から落として殺害容疑 29歳の女を再逮捕
 「これから友達と橋に行く」。池田さんと親しかったという20代女性は昨年4月28日の夜、池田さんにそう言われた。女性が知らない名前だったという。

 数時間後の29日午前1時半、LINE(ライン)で「しんどいよー」とメッセージが来た。「あまり無理しないで」と返信したが応答はない。池田さんは同日昼、橋の下で死亡していた。

 女性は池田さんとボウリングやネイルに行く約束をしていた。「悩んでいる様子もなかったし、自殺は考えられない。人なつっこくてすぐ友達ができる明るい子。仲が良かったから悲しい」

 池田さんと佐久田容疑者は一時期、同居していた。2人を知る男性は容疑者について「池田さんが他の女性と仲良くしていると怒ることもあった」と話した。(井上怜、比留間陽介)

まつばたみこ-松葉多美子


-

まつばたみこ-松葉多美子

  1. 厳しそうな追及は好感が持てる。公明党が最後の踏ん張りを見せるのはこういうことなんだろう。
  1. テレビ放映中の場面で追及が温いところがあった。海外政治家へ渡した美術品について尋ねたら舛添要一は記憶にないように言っていたが、その前に政治資金で購入したものは分けて管理していると言っているのだからその管理台帳の即時提示を要求すべきだったし、FAXで送らせてもいいし、海外政治家へ渡したものはどのように管理しているか問いただすことが出来る筈。
  2. 次回の集中審議の場で回答として許すのは遅い。公明党が求める形にするのは20日でも止むを得ないとして、現在の管理状況については即時提出させるべきだった。
  1. それにしても自民党の鈴木隆道の質問が酷いから、公明党の質問で都民はどんなにか救われたことか。自民は都政も駄目で、国政も期待できないということになった。
  2. 具体性が全くない絵に描いた餅でしかなくなったアベノミクスに踊る人はだれも居ないだろう。踊っているのは利権にたかる政治家と業者だけだ。
  3. 公明党が極めて健全に見えてしまうから不思議だ。


(追)

百条委員会を最後まで見送ったままにすると、松葉多美子の追及が只の茶番になりかねないから要注意です。十四日の口先追及だけで終わったら、公明党も舛添要一と同じ口先だけのパフォーマンスに過ぎないと見られて、都民から倍返しを食らうだろう。

すずきたかみち-鈴木隆道



すずきたかみち-鈴木隆道

こいつが自民党の質問者。どうでもいい前置きに時間を割く。鋭さが全く案じられない。質問者の言葉が。

この馬鹿はしっかり質問に答えるノアかなんて質問している。言語道断。こんな馬鹿を質問者に据えるだけでもう駄目だわ。

馬鹿だな。こいつ。ホテル三日月の調査について質問している。調査じゃなくて本人が居るのだからそいつに聞けよ。

こいつ、追求していない。

自民党は組織も大きいのに取材能力が低い。


店の方の字で領収書のいうことの根拠を聞かない。
支払した人はだれか聞かない。
筆跡確認をした人。

アホ質問者。舛添要一が尻尾を出しているのにつかもうとしない。

次にやっているのは演説。馬鹿。

コンパクトな質問を次々と浴びせて本質を引っ張り出さなければいけない。戦国時代の決闘みたいに名乗り合ってやってるかに。



全く酷い話だ。ベテランだからこの馬鹿がどれくらい無能化は自民関係者は誰でも知っているんだろう。もしくはドンの意向を組んで馬鹿・無能を厚顔無恥のようにやり通す人材だと知っていたのだろう。

胸糞悪い奴になったことは変えられない。

ますだよしかず-増田義和



ますだよしかず-増田義和



ますぞえよういち-舛添要一

  1. 無関係という関係。

おおはしよしみつ-大橋善光

_

おおはしよしみつ-大橋善光



ますぞえよういち-舛添要一

  1. 無関係という関係。

ほしほくと-星北斗

_

ほしほくと-星北斗
  1. 星北斗座長
  2. 問題隠蔽体質
  3. 福島甲状腺がん問題


小児甲状腺がん手術巡る家族会要請 「前提に今後議論」 県民健康調査検討委

本田雅和2016年6月9日08時00分

 東京電力福島第一原発事故後の県民健康調査で見つかっている小児甲状腺がんで、手術を受けた患者の保護者らが「不必要だった手術の有無や割合を解明してほしい」などと求めた県への要請書について、同調査検討委員会の星北斗座長は「個別の要望には逐一答えず、要望が出されたことを前提に今後議論を進める」との方針を示した。

 要請書は、「311甲状腺がん家族の会」から4月に検討委と星座長に出された。がんの「多数診断」について検討委が「死に結びつかない、予後のいいがんを一斉診断で見つけてしまった可能性」を指摘したことに対し、「過剰治療や医療過誤がどれぐらいあったのか、実態を解明すべきだ」などと求めていた。

 星座長は6日の会見で、要請書を各委員に回覧して対応を協議したと説明。「委員会として対応が必要なもの、逸脱しているものもあり、整理しないと個別に答えられない」とした。

 家族会代表世話人の河合弘之弁護士は8日、「事故後数年を経て5歳以下にも甲状腺がんが見つかるなどチェルノブイリ事故の状況と似てきている。手遅れにならないよう対策を取るべき時なのに、多発を認めない理屈ばかり考えている検討委には、患者への愛情も誠意も感じられない」と批判した。(本田雅和)


おおふじかな-大藤佳奈


おおふじかな-大藤佳奈

  1. 下半身に毛布がかけられて一と言うのにどうして事件と自殺の両面で捜査になるのだろう?。



最終更新:2016年6月10日(金) 19時29分

23歳美容師がアパートで変死、“ひも”で首絞められたか

 9日、神奈川県相模原市のアパートで23歳の美容師の女性の遺体が見つかった事件で、女性の遺体の首にはひものようなもので絞められた痕があることがわかりました。

 9日午後5時半すぎ、神奈川県相模原市にあるアパートの2階の部屋で、女性があおむけの状態で倒れているのが見つかりました。10日になって、女性は、この部屋に1人で住む美容師の大藤佳奈さん(23)と判明しました。

 現場は、小田急相模原駅から北東におよそ800メートルほどの住宅地の一角です。大藤さんは7日の午後7時に、勤め先の美容室で仕事を終え、店を後にしました。ところが、翌8日の朝、勤務予定にもかかわらず、大藤さんが出勤してこなかったため、9日夕方、美容室の上司がアパートの部屋を訪ねたところ、大藤さんがソファーの上で倒れているのを発見したということです。こうしたことから、大藤さんは、7日夜から8日明け方の間に死亡した可能性が高いとみられています。

 「特に挨拶とかしないで、見かけたぐらいです。3週間ぐらい前。髪の色とかは明るめの方で」(大藤さんのアパートの住人)

 発見されたとき、大藤さんはソファーにあおむけの状態で、下半身には毛布がかけられていたことがわかっています。また、部屋に荒らされた形跡はなく、大藤さんが普段使っていて無くなっているものは今のところ確認できていないということですが、玄関の鍵は開いていたということです。

 「みんなでわいわいするのが好きだった。友達も多い人だと。もともと髪の毛のことが好きと言っていた。いい子だったし、実際明るい子だった。一生懸命働く子に間違いない」(大藤さんの知人)

Q.最後に見かけたのは?
 「月曜日です。(トラブルなどは)一切聞いていない」

 「誰とでも仲良くできる明るい子でした。美容師になりたいと言ってたのは聞いていたので、頑張っているだろうなと思っていた。こんなことになるとは思っていなかった。信じられないです」(大藤さんの小中学校の同級生)

 大藤さんの顔は、「うっ血」した状態だったことがわかっていますが、その後の警察への取材で、首には絞められたような痕があり、遺体の近くに紐(ひも)のようなものが落ちていたことがわかりました。

 警察は、大藤さんが殺害された可能性があるとみて捜査するとともに、司法解剖をして死因などを調べています。(10日17:17)

かやはらすすむ-萱原晋 

_

かやはらすすむ-萱原晋 



ますぞえよういち-舛添要一

  1. 無関係という関係。

もりもとてつや-森本哲也


もりもとてつや-森本哲也




  1. 舛添要一のお抱え弁護士。

ささきぜんぞう-佐々木善三


ささきぜんぞう-佐々木善三

  1. 悪徳弁護士
  2. 質問に答える姿勢が全くない。
  3. 喧嘩腰。ヤクザ弁護士。
結局、ホテルに誰と行ったかは答えていない。弁護士も本人も答えない。誰もいないからだろう。

書いたから質問で来ているんだといっているが、書いてないものはあるのか調べたか?。検察上がりならそういう視点もあるだろう。



(追記)2017/12/31

最近、メディアに舛添要一が顔を出している。小池百合子の不人気で免罪符でももらったつもりだろうがそうは行かない。都民はお前(舛添)を何一つ許していない。法的にどのように処理されていようがお前は説明責任を徹底して果たすべきだ。 

うちだしげる-内田茂


うちだしげる-内田茂
  • 内田茂
  • 自民党都連幹事長
  • 都議会のドン

  • 内田茂は舛添要一を容認して東京を世界で一番の超恥ずかしい都市にしてくれた!
-
  1. 都議会のドンが聞いて呆れる。諸悪の根源だ。こいつが舛添要一容認を決めたのか?。赦せないな。内田茂も税金泥棒の一人なのか疑いを持つ。
  2. 自民は舛添要一で良いのか?、公金泥棒を守るのか?、自民は国民の敵だ!。
  3. 参議院選挙では絶対にぜ~ったいに舛添要一自民党に投票するものか!。
  4. 安倍晋三自民ではなく舛添要一自民に成り下がった。

内田君、東京を世界で一番恥ずかしい都市にしてくれたね。舛添要一を支える内田茂は国民の敵だ。内田、お前も寄生虫なのか。




http://diamond.jp/articles/-/92443



それでも舛添氏が都知事を辞めない4つの理由

星野陽平 2016年6月3日

『週刊文春』が報じた、飛行機はファーストクラス、ホテルはスイートルームという豪華すぎる外遊問題がきっかけとなり、さまざまな政治資金を巡る問題が噴出。火だるま状態となった舛添要一・東京都知事。辞任も時間の問題かと思われたものの、ここに来て実はすでに自民党東京都議団と手打ちが終わり、留任の方向で話が進んでいるという。ここまで追い込まれたにもかかわらず、舛添氏は、なぜ辞めずに済むのだろうか?

自民党都議団のドンとの間で
都知事留任の方向で話がついた

 「舛添さんは、5月20日の定例記者会見で『第三者の厳しい目で調べる』と繰り返していました。実は、この数日前に、舛添さんは自民党東京都義の内田茂さんと会っていました。彼との間でとりあえずは様子見の方向で話がまとまったそうです」

 そんな裏事情を話してくれたのは、政界の動向に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏。鈴木氏は続けて次のように解説する。


自民党東京都議団のドンと会談し、「当面は辞めなくてよい」という方向で話し合ったという舛添都知事。自民党には舛添氏に辞めてもらいたくない4つの理由があるのだという Photo:Rodrigo Reyes Marin/AFLO
 「内田さんは、都議を7期も務めてきたベテランで、過去には東京都議会議長を務め、現在は自民党東京都連幹事長。『自民党東京都議団のドン』とも言われる大物です。この内田さんが舛添さんに『自民党としては、とりあえず辞任ということにはしない』というような話をしたとされます。それを聞いて安心した舛添さんは、次の会見からまた軽口を叩ける余裕が出てきたと言われています」

 あれだけスキャンダルが噴出して、辞めない理由はないとも思われる舛添氏だが、なぜ自民党との手打ちが成立したのだろうか?鈴木氏によれば、4つの理由があるという。

 「まず1つ目の理由は、適当な後継者がいないということ。今、舛添さんが辞めて知事選になったとすると、自民党には後継の公認候補がいません。また、舛添さんの後継者を探す時間もありません。7月には参院選がありますが、東京選出の2人目の候補も正式に決めて、選挙戦に全力をあげなければなりません。とにかく忙しくなりますから、とてもじゃないけど都知事選に公認候補を探せるような時間的余裕がありません」

 今、舛添知事が辞任して都知事選となった場合、自民党は有力候補を擁立できない。では、仮に都知事選が実施された場合、どうなるだろうか?自民党が恐れている事態が起こる可能性がある。

 「2つ目の理由は、橋下徹や東国原英夫に都知事になられたら、たまったもんじゃないということ。まず、橋下さんは昨年12月に大阪市長を辞め、現在はタレントとしての活動が目立っていますが、安倍首相やその周辺と依然として良好な関係を保っており、政界復帰が噂されています。知名度も影響力も大きい橋下さんが東京都知事になれば、おおさか維新と連動して、国政にも手を伸ばしてゆくでしょう」

 「そして、もう1人、東国原さんも都知事選に出たがっていると言われています。東国原さんは宮崎県知事としての実績があり、2011年には東京都知事選挙に立候補し、169万票を獲得。12年から13年までは衆議院議員を務めました。橋下さんにしても東国原さんにしても、都知事になられると自民党都議団としては、非常にやりにくい。2人とも発信力がありますから、自民党に都合のいい都知事にはなってくれません。自民党は議会運営に苦労することになるでしょう」



誰が舛添氏を都知事にしたのか?
“製造物責任”を問われる自民党

 また、このまま舛添知事が辞任した場合は、ではそもそも誰が舛添氏を知事に担ぎだしたのかという責任論も浮上する。

 「3つ目の理由は、自民党は舛添さんを推薦して都知事にした、いわゆる“製造物責任”を問われたくないということ。14年の都知事選で舛添さんは無所属で立候補しましたが、自民党東京都連から推薦してもらって選挙戦を戦い、当選しました。自民党が支援するにあたって、舛添さんは党本部で自民党幹事長(当時)の石破茂さんと会談し、『本部としてもしっかり支援していく』という言葉ももらっています。ですから、舛添さんが辞任するとなると、自民党の責任を問われ、ダメージを受けてしまう。だから、舛添さんをかばいきれるうちは、辞めさせずに自民党の責任でしっかり教育しなおさなければならないということになるんです」

 さらには、スキャンダルまみれとなった舛添氏だが、自民党にとってはかえってその方が都合がいいという面もあるという。

 「4つ目は、今の舛添さんなら言うことを何でも聞くので自民党にとって扱いやすいということ。現在、舛添さんは、あちこちで頭を下げて極めて謙虚です。この状態で彼が主導力を発揮するのは不可能。となると、都議会の与党である自民党、公明党の言うことを何でも聞かざるを得ず、コントロールしやすいわけです」

 以上、4つの理由から自民党都議団は、舛添下ろしには向かわず、様子見を決定した。猪瀬直樹・前東京都知事に徳洲会グループからの資金提供問題が持ち上がった際は、「百条委員会(国会の国政調査権に相当する地方自治法第100条に基づき設置される特別委員会のこと)」で疑惑が追求されたが、舛添氏の場合は第三者の調査結果を待つこととなった。

 「ただし、東京都議団の方は内田さんを中心に舛添さんを守ることでまとまっていますが、中央の自民党は舛添さんが大嫌いなんです。というのも、舛添さんは07年の参院選前後に自民党の参院執行部の人間でありながら、当時の安倍内閣の政権運営を厳しく批判していました。さらに09年の衆院選で自民党が歴史的な惨敗を喫して野党に転落、谷垣禎一さんが自民党の総裁に就任すると、舛添さんは執行部批判を繰り返し、その後、10年4月に離党し、新党改革を旗上げしました」

 「自民党が下野して苦しいときに、後ろ足で砂をかけて出て行った舛添さんに対し、自民党の中央の人たちは批判的です。特に安倍首相や谷垣幹事長は、舛添氏だけは許さないと思っています。ただ、東京都知事の処遇については東京都議団の意向が優先されますので、自民党の中央が都議団の頭越しに舛添さんを辞めさせることはできません」

 だが、政治の世界は一寸先は闇である。自民党都議団が決定したのは、あくまで当面の「様子見」ということに過ぎない。

 「このまま任期満了まで舛添さんが都知事でいられることが約束されたわけではありません。まず、大きいのはマスコミの攻勢です。特にテレビは、ドケチエピソードをあげつらうなど舛添さんの人格攻撃をすると、単純に視聴率が取れてしまうから、何度でも繰り返します。たとえば5月27日などは、G7伊勢志摩サミットの議長声明を安倍首相が発表しているにもかかわらず、いくつかのテレビ局では同じ時間に行われていた舛添さんの会見を中継するありさまでした。それに加えて、ツイッターなどのSNSでも舛添さんは格好のネタになっています。こうした状況が続くと、自民党としても舛添さんをかばい切れません」

 しかも、当面のマスコミ攻勢をしのげば舛添氏の都知事の椅子が安泰というわけでもない。来年には、また大きな山がやってくるという。

 「仮に一旦は事態が沈静化していったとしても、来年には都議会議員選挙が実施されます。この時に舛添さんの問題を野党に攻められ、自民党が選挙で不利になるということであれば、改めて舛添さんをどうするか考えざるを得なくなるかもしれません」



「政治とカネ」の問題が
舛添氏の人格の問題に矮小化

 今回の舛添都知事の騒動では、マクドナルドの割引クーポンを自宅まで部下に取りに行かせたなど、面白過ぎるドケチエピソードに注目が集まり、報道が舛添知事の人格攻撃に矮小化されている。しかし、本来は舛添氏個人の資質の問題ではなく、そんな状況を招いてしまう「政治とカネ」の仕組みの問題でもある。

 「私は政治家性善説に基づいている、今の政治資金規正法を根本的に見直す時期に来ているのではないかと思います。もう世間は忘れたかもしれませんが、SMバーの代金や下仁田ネギを計上していた議員もいましたよね。法改正や、事前にチェック機能を設けるなど抜本的な問題解決を図らなければ舛添問題が解決しても、必ず第二第三の似たような議員が出てきます」

 確かに舛添氏自身の政治家としてのモラルの低さは問題だが、こうした行為を法的に規制できない法制度はもっと問題だ。今回のように政治資金の私的流用が発覚した場合はさすがに問題に問われるが、そもそも政治資金規正法という政治家に都合よくできた“ザル法”では、家族旅行であれ、私的な飲食であれ、計上の仕方さえ誤らなければ、政治経費として認められてしまうのだ。

 舛添氏が辞任するにせよ、このまま都知事を続けるにせよ、今回の問題を契機として、繰り返される「政治とカネ」の問題の抜本的な解決が望まれる。ただし大部分の政治家は、自分たちにとって都合の悪い改革に消極的なので、政治資金規正法が改正される可能性は低いというのが現実だろう。



にしざわけいた-西沢圭太

-

にしざわけいた-西沢圭太
  1. テレ朝のモーニングショーに出ていた。出演者からの質問に対する下手な受け答えで男を下げた。確かに、テレビの生中継のスタジオなどは余計な緊張を強いられるだろうが、この対応の悪さは将来的にもよろしくない。本番に強くないと使いにくい。広報担当はまず無理ではないか。
  2. 覚悟を問われている時はマニュアルのきれいごとを考えても上手く行かない。政治家の資質の部分だから。舛添要一を本気で糾弾する覚悟が示されなければ都民の後押しは得られないだろう。