みやたてつじ-宮田哲次

+

みやたてつじ-宮田哲次

  1. 相撲協会の利権を貪っているかな。保身のために躍起になっているかな。何かと疑問の多い人物だ。胡散臭い奴。

やまだじゅん-山田順

/

やまだじゅん-山田順

  1. 大相撲の混乱に関する記事が流れてきたので読み始めたが量もあって理解が追い付かない。色々な事例を紹介して相撲の暗部に見せてくれているようだが、それで結局何が言いたいのかさっぱり分からない。
  2. ジャーナリストは正義は何かにお構いなく事実を並べれば仕事になるのかな。不都合な真実を並べるのが自慢なのかな。
  3. このジャーナリストの記事は文字は多いけど方向が何もないぐるぐる回っている羅針盤みたいだ。 
  4. 明確な主張はあっても分かり難くしているのかも知れない。しかしそのスタンスをはっきりさせるのがジャーナリストの最初の仕事だろうに。

しんたにまなぶ-新谷学

+

しんたにまなぶ-新谷学

  1. 有名人のプライバシーを暴いて飯を食ている奴。多くの記者や契約社員をこき使ってあら捜し。
  2. この男のプライバシーも晒して欲しいものだ。
  3. 家族がいたら家族全員だ。新谷学の親も子供もプライバシーを晒してもらうべきだ。それでもこの男のやった悪事の1%にも満たない。
  4. それをこの男は否定できないだろう。


+

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180120-OHT1T50115.html

ホリエモン、小室不倫疑惑報じた「週刊文春」を痛烈批判「調子に乗って部数稼げるって思い込んでるだけ。すぐに潰せる」
 

2018年1月20日8時58分  スポーツ報知

    堀江貴文氏

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が20日、自身のツイッターとフェイスブックを更新し、引退を表明した小室哲哉(59)の不倫疑惑を報じた「週刊文春」を痛烈に批判した。

 堀江氏は、SNS上で文春への批判の書き込みが数多くなっていることを受けてか「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル。誰得と言い続けてきたの俺だけ。ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた。こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」とツイートした。

 過去に堀江氏はテレビ出演した際に週刊文春の報道に「クソ野郎が!」と声を荒らげるなど不快感を示していた。昨年4月には「週刊文春」の
新谷学編集長が経済ニュースアプリ「NEWS PICKS」に顔出ししないでインタビューに応じた際に「人のスキャンダルは平気で暴いて自分は顔出ししないとかマジでクソチキン。最低の人間だな」などと辛辣なコメントを書き込んでいた。