たかはしまこと-高橋誠




たかはしまこと-高橋誠

子供が死んでも他人事コメント。言い訳。薄笑い?。こいつの無責任は明らか。こいつを処罰しないことは許されない。

こいつに家族がいて同じ扱いでいいなら、病院も薬局も全部無視してやればいいってことだ。



https://mainichi.jp/articles/20190611/ddr/041/040/005000c

札幌・女児衰弱死
児相「虐待通告と思わず」 道警から電話


会員限定有料記事 毎日新聞2019年6月11日 北海道朝刊

    大盛り北海道

 札幌市の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が暴行を受け衰弱死し、母の莉菜容疑者(21)と交際相手の藤原一弥容疑者(24)が逮捕された事件で、同市は10日、虐待を疑う通告が昨年9月28日と今年4月5日に市民から寄せられたのに続き、5月13日に北海道警からあったにもかかわらず、通告として受け止めていなかったと明かした。国は、通告後48時間以内に児童の安全を確認すると定めている。1度目は詩梨ちゃんの安全を確認したが、4月と5月の通告後はいずれも怠っていた。札幌市児童相談所の高橋誠所長らが10日、記者会見した。

 道警は5月12日、「子どもが泣き叫ぶ声がする」との110番を受け捜査員が自宅を訪れたが詩梨ちゃんと…




ありふれた名前だから全国に同姓同名は多いだろうな。子殺し児相の高橋誠、または子殺し高橋と言ってやった方が良いかも知れない。

任命責任者は市長か?。馬鹿市長が出したコメントも馬鹿げたただの取り繕い。何もしない宣言をしたようなもの。



北海道警が高橋誠を逮捕しないなら、同罪だよ。

アグネス・チョウ-周庭(香港)



アグネス・チョウ-周庭(香港)


日本語を操る周庭(アグネス・チョウ)は単身に日本に乗り込んで、支援を訴えている。素晴らしい。

若干22歳。こういう若者がいることだけでも感動する。

日本の学生から支援の動きは出ているんだろうか。心もとない。

中国の巨悪は人心の抑え込み。中国の歴史を負の歴史と認識するからこういうことになるんだろうな。



https://www.huffingtonpost.jp/entry/chowting_jp_5d00a2eae4b075510399c626

 NEWS
2019年06月12日 21時14分 JST
「香港が想像できない場所になる」 “民主の女神“が訴えた、逃亡犯条例の危険性
「香港の経験から学んで」 周庭さんが日本の大学生に伝えたかったこと。

    高橋史弥(Fumiya Takahashi)

民主化を求め、香港の学生たちが「雨傘運動」を起こしてから4年。香港では、中国本土との「1国2制度」を揺るがしかねない条例改正を巡り、再び大規模な市民運動が巻き起こっている。

香港の現状を訴えようと、雨傘運動の中心人物の一人で、「民主の女神」などと呼ばれた周庭(アグネス・チョウ)さんが明治大学で講演を行った。
講演する周庭(アグネス・チョウ)さん
Fumiya Takahashi




講演する周庭(アグネス・チョウ)さん
 ■「逃亡犯条例」を2分でおさらい

香港で多くの市民が反対の声を挙げているのが「逃亡犯条例」の改正案だ。

朝日新聞によると、この法律の議論が始まったのは2018年。台湾で殺人事件を起こした香港人の男が、香港へ逃げ帰ったことで台湾への身柄の引き渡しを免れたのが原因だった。

香港政府は、もともと犯罪容疑者の身柄引き渡しを決めていた国以外にも対象を広げる方針を決めた。具体的な内容が発表されたのは2019年2月。そこに、中国本土も含まれていたことが物議を呼んだ。

本土では、民主活動家や人権派弁護士などが相次いで当局に拘束されてきた。

香港で民主化活動に関わったり、中国共産党にとって不利益な人物と判断されたりした場合、当局によって「容疑者」とされ、身柄が中国側に引き渡される恐れがあるのだ。

さらに、身柄が引き渡された場合は、中国で裁判を受けることになる。中国では裁判所にも共産党組織が作られていて、司法が独立していない。

そのため、この法律は香港では市民を中国に明け渡すという意味で「送中法」とも呼ばれ、6月9日から始まった反対デモには103万人(主催者発表)が参加した。デモの参加人数は実数よりも多く発表されることも多いが、香港の人口は740万人余だから、仮に本当ならば約7人に1人が参加した計算になる。
■“私たちが想像できない場所に”

デモが続く中、かつての民主化運動の中心人物だった周さんは日本を訪れた。明治大学の特別講義には、授業開始前から聴講者が殺到。席が埋まると入場が制限されたほどだった。

周さんがまず話したのは、中国に引き渡され、裁判を受けることの恐ろしさだ。

    「中国は法治社会と言えない国ですから、たくさんの問題があります。

    共産党政権が好きじゃない人たちや、人権を求める弁護士や活動家は、よく酷い目に遭います。恣意的に拘束されたり、逮捕・拷問されたり、暴行を受けることもありました。拘束された人たちが、不思議な形で死んでしまったこともあります」

一方で、この条例では政治的、もしくは宗教的な罪に関わる容疑者の場合、身柄を引き渡すことはない。これに対しても周さんは反論する。

    「中国共産党は人の罪を作り上げることが非常にうまいのです。

    経済的な罪や腐敗など、政治的な罪とは別の罪を作り上げる手段をよく使っています。香港政府は政治的な罪(の容疑者)は、引き渡さないという言い方がありましたが、それは香港人だったらだれでも信じないと思います。

    罪を作りあげることを含めて、(香港の人は)中国の手段をよくわかっています」

独学で身につけたという流暢な日本語で話す
Fumiya Takahashi




独学で身につけたという流暢な日本語で話す

そして、条例可決後の香港が今の形から大きく変わってしまう可能性を指摘した。

    「自由や権利の保障、司法の独立が全部無くなります。私たちの身の安全すら保障されない場合があります。

    なぜ香港は外国からの観光客が多く、外国の企業も多いのでしょうか。

    香港には国際金融都市という地位があるからです。

    なぜその地位があるかというと、1国2制度という制度があって、私たちは法治社会であり、司法の独立や公平な裁判が行われる場所なので、外国の人も安心して商売ができる場所なんです。でも、この特別な地位は無くなるかもしれません。

    今デモに参加している香港人は、可決されたら香港はもう香港じゃないというか、私たちが想像できない場所になるかもしれないという考えを持っています」

デモが続く中にも関わらず周さんが日本にきたのは、この条例が単に中国本土と香港の2者の問題ではないことを訴えるためだ。

周さんは、レストランの中まで警官が入りこみ、デモ参加者の身体検査を行なっている様子を写真を交えながら紹介し、語りかけた。

    「日本と香港はもともと経済的なつながりがあって、(多くの)日本人も香港にいます。日本政府も、日本の政治家も、改正案に対して自分の意見をはっきり(表明)していただきたい。

    香港人にとって大事な時。今日もずっと香港に帰りたかったですが、大事な任務があるので...日本人も、日本のメディアも、香港の民主化運動にもっと注目していただければと思います」

レストランに入り込み身体検査を実施する警官(写真左奥)
Fumiya Takahashi




レストランに入り込み身体検査を実施する警官(写真左奥)
■「日本人にできることは」への回答

40分ほどの話を終えると、会場からは拍手が湧き上がった。質疑応答で「日本人が何かできることはないか」と問われた周さん。まずは、香港の運動に関心を持って欲しいと答えた。

    「重要なのは、香港の民主化運動に注目してもらうことです。

    今回の改正案は日本人の皆さんにも無関係ではないと思います。

    皆さんが将来香港に来たり、観光したりする機会があると思います。

    香港に来たら中国に引き渡されるかもしれないというのは、沢山の日本人も不安に思っていると思います」

そして、香港の社会的な盛り上がりを見て、日本人にも気づきを得て欲しいと訴えた。

    「一番大事なのは日本人の皆さんが香港の経験から、自分の生きている社会に関心を持つ重要さを知ってほしいと思います。

    日本は、政治に興味ないとか、政治のことを話していると変なやつと(思われる)国かもしれません。

    実はそんなことはなくて政治は私たちの日常生活だと思いますので、日本の皆さんも自分の国で何が起きているか、ぜひ関心を持ってもっとニュースを見てほしいと思います」

周さんは今後香港に戻り、改正案の撤回を目指して運動を続けるつもりだ。

報道陣の取材に対し「100万人のデモの後にも撤回しない政府の態度に皆怒っている。香港から反対の声がこれから引き続き上がると思います」と話した。


たぐちじゅんのすけ-田口淳之介



たぐちじゅんのすけ-田口淳之介 


-

  1. 殆ど知らないけど。テレビで見たことあるような。
  2. 他人の評価で生きている感じ。自分らしさを見失っている。自分の内面に瑕を持っているから、常に緊張している。
  3. 再起のために何が必要か、彼自身が全く理解していないだろう。
  4. 心の呪縛を解くことだが、それは薬物の一時しのぎとは無縁の次元に気づいているかどうかも分からない。
  5. 素直に自分の心、魂の叫びを聞き取ればいいのだが。








「土下座」田口淳之介のウラで極秘逃走した小嶺麗奈の“計算”

6/10(月) 7:09配信 FRIDAY

「土下座」田口淳之介のウラで極秘逃走した小嶺麗奈の“計算”
田口にとっては、薬物を断つより小嶺と離れる方が難しいのでは…(08年)
土下座謝罪の先には――。

5月22日に大麻取締法違反容疑で逮捕された元「KAT-TUN」田口淳之介被告と、“内縁の妻”小嶺麗奈被告が6月7日、勾留先の警視庁湾岸署から保釈された。

田口に「オマエ大丈夫?」と注意していた意外な人物はコチラ

2人は5日に同法違反で揃って起訴。小嶺は5日に保釈申請を出し、田口は6日に申請した。保釈金はともに300万円。

「強制性交罪で起訴された新井浩文の保釈金が500万円。5日に初公判が開かれたピエール瀧は400万円でした。田口と小嶺は会社を共同経営しており、財布は一緒。2人で計600万円ですから、一般的な金額かと思います。生活に困窮していたというほどではなさそうです」(スポーツ紙記者)

このところ有名人を連続逮捕して名を上げた「マトリ」こと関東信越厚生局麻薬取締部は、この1週間を「マトリウィーク」と名付け、5日のピエール瀧の初公判、田口と小嶺の保釈で、実績アピール&違法薬物の恐ろしさを世に広める算段だった。ところが、現場記者によると、

「小嶺が保釈直前になって『私は一般人。(マスコミに)撮られなくない』と言い出した。そのため、彼女は田口が出る直前に裏口から“逃走”。湾岸署では田口だけがコメントすることになったんです」

という。驚いたのは、スーツ姿で報道陣の前に出てきた田口だ。

「多大なるご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。金輪際、大麻などの違法薬物、そして犯罪に手を染めないことを誓います。しばらく私自身の芸能活動を休止させていただきます」

と述べたあと、頭を地につけ20秒間土下座。その後、四方に頭を下げて湾岸署をあとにした。かつてのトップアイドルが土下座とは……。

「田口をマスコミの生け贄にして、小嶺はしれっと逃げた印象です。今回の事件の“主犯”は彼女。10年以上前から半グレとの交際や違法薬物との接点がウワサされていました。そういう人たちからすれば、彼女にいろいろ喋られるとマズイ。マスコミの追跡をかわし、囲っておきたいと考えるは当然でしょう。裏口からの脱出はそうした闇人脈からの指示ではないかとも言われています」(現場を取材したワイドショー関係者)

保釈条件には、それぞれが別々の住居で暮らし、接触を禁じる一文もある。大麻の共同所持に問われている以上、更正のために離別は必須条件。一部では双方の代理人がすでに破局の話し合いを行っていると報じられたが、実際に別れられるかは疑わしい。

「2人の交際は10年以上で、『共依存』に近い状態。特に田口はKAT-TUNを捨ててまで、彼女と一緒にいることを選んだ。年上の小嶺は姐さん女房のように振る舞いながらも、田口の3歩うしろを歩き、立てることも忘れない。田口の依存度は大麻よりも上という人もいる。初公判で『2度と会いません』と誓ったところで、偽装破局の可能性もある」(スポーツ紙記者)

鍵を握るのは、田口の肉親だ。もともと家族仲は良好だったが、小嶺との交際に田口の母親が猛反対。きまずくなった田口は小嶺方の母親に心を開くようになっていた。

「田口が小嶺親子に“洗脳”されていると言う人もいる。彼を健全な道に戻すには、田口家が一丸となって彼を“奪還”するしかない。保釈後、田口さんは家族のもとに身を寄せることになりそうだが、そこでどのような話し合いが持たれるか注目だ」(テレビ関係者)

土下座の先に明るい未来が待っていればいいのだが……。

まるやまほだか-丸山穂高


まるやまほだか-丸山穂高

  1. 屁理屈喧嘩が得意な御仁。知能指数の高い馬鹿。と言うような面をみるだろうが、もっと嫌なのは「下品」。家族がいるのかな?。社会性を全く感じないね。酒が弱点と知っていて再び酒に飲まれた。
  2. ロシアン・マフィアに狙われるかも。しかし、ロシアにとっては都合のいい奴だからマフィアがガードマンをやるかも知れない。丸山が戦争を口にするなら丸山の行いは利敵行為。売国行為だ。


(追記)

騒ぎからそろそろ1か月になるのかな?。その後の迷走ぶりがひどい。

新たに出てくる情報、本人のメディアや有権者や支持者への対応状況、どれを見ても丸山穂高という人間の残念なところがばかりが確認される。

「辞職は人に強要されるものではない」という主張は過ちを犯したなら指摘される前に自ら進んで去るということだ。上の句詠んで下の句詠まずでは多段ご都合主義者。

指摘されても居直る決意って、税金もらわないで言えよ。

人間として駄目。

親兄弟の顔が見たい。妻子がいればそれも見たい。支持者の顔も見たい。






https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190605001386.html


https://www.asahi.com/articles/ASM6530PPM65UTFK003.html

丸山穂高議員に糾弾決議案 与野党「議員の資格なし」

2019年6月5日11時26分

向大野新治・衆院事務総長(左から4人目)に、丸山穂高衆院議員に対する「糾弾決議案」を共同提出する議院運営委与党筆頭理事の菅原一秀氏(自民党、左から3人目)、同野党筆頭理事の手塚仁雄氏(立憲民主党、右から4人目)ら=2019年6月5日午前11時3分、国会内、岩下毅撮影

 北方領土返還に関し「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)に対し、与野党は5日、「院として国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない」とする「糾弾決議案」を衆院に共同提出した。6日の本会議で可決される見通し。

    丸山議員、無施錠の部屋入り議論吹っかけた 参加者証言

 衆参両院事務局によると、議員に対する糾弾決議案の提出は初めて。ただ、可決されたとしても法的拘束力はない。

 「糾弾決議案」は、丸山氏の言動を「平和主義に反する発言をはじめ、議員としてあるまじき数々の暴言」と指摘。「国益を大きく損ない、本院の権威と品位を著しく失墜させた」と非難し、「院として国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない。ただちに、自ら進退について判断するよう促す」として実質的に議員辞職を促す内容となっている。

 ログイン前の続き北方領土へのビザなし交流事業での丸山氏の言動については、野党6党派が議員辞職勧告決議案、自公両党が譴責(けんせき)決議案を衆院に提出した。自公側は当初「議員の地位の取り扱いは慎重にすべきだ」との立場だったが、「院の意思を示すべきだ」と判断し、責任追及の度合いを高めた新決議案の提出を呼びかけ、野党側が同調した。

 新決議案の提出に伴い、自公は譴責決議案、野党6党派は議員辞職勧告決議案をそれぞれ取り下げた。

 丸山氏の「戦争」発言を巡っては、5日の参院本会議で、安倍晋三首相が「外交交渉によって北方領土問題の解決を目指すとの政府の方針とはまったく異なるもの」と指摘。「相互理解の増進を図るという四島交流事業の趣旨に反し、元島民の方々のお気持ちを深く傷つける遺憾極まりないものであった」と述べた。

 一方、丸山氏は3日までに衆院議院運営委員会の高市早苗委員長に提出した弁明書で、議員辞職については「最終的には選挙での判断によるべきだ」と否定している。


たかはしかずや-高橋和也


たかはしかずや-高橋和也


  • 集団左遷


  • 配役


  • 花沢浩平


高橋和也

この俳優さん何処かで見たことあるんだけど。と思ってウィキペディアを眺めてみたら超売れっ子のバイプレイヤー。これだけ出演していればあちこちで見ている筈だ。何が印象的な作品だったかは逆に分からなくなった。

どちらかと言えばネガティブな役がおおい。サスペンスでは犯人役ばかりで気の毒。集団左遷でもスパイ役?。

そろそろ懐を深くしてキャラクターを掘り下げていってほしいね。今までも魅力的だったけど、もっと何かを引き出していける筈だ。



集団左遷

集団左遷は期待しないで見ていたら案外面白い。録画もしていなかったから、飛ばし飛ばしだけど。香川さんがでるとどんなドラマでも一級品になるから不思議だ。

-

いとうしおり-伊藤詩織さん

 +




いとうしおり-伊藤詩織さん




  1. 告発された相手は誰?
  2. 社会が犯罪を放置する。勇気を振り絞ってこぶしを上げた女性を無視する。彼女の迂闊を非難する。これらは、第2、第3の罪に当たる。心を尽くさない政治があぶりだされる。
  3. 彼女を支える輪(和)ができたことで少し安心する。




 +


https://www.asahi.com/articles/ASM4B7TQ8M4BUTIL068.html

レイプ告発、伊藤詩織さん支援の会発足 賠償求め提訴中

三島あずさ 2019年4月11日19時01分

 意識を失った状態で性行為を強要されたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(29)が元TBS記者の男性に慰謝料など1100万円の損害賠償を求めている訴訟で、伊藤さんの裁判を支援する会「Open the BlackBox」が10日、発足した。

 都内で開かれた発足集会には、約150人が参加。伊藤さんの弁護団は、2017年12月に第1回口頭弁論が開かれた後は非公開の弁論準備手続きが続いていることや、刑事事件で不起訴となった男性側から今年2月に1億3千万円の慰謝料や謝罪広告の掲載を求める反訴が行われたことなどを説明した。

 伊藤さんは、男性が刑事事件で不起訴になり、検察審査会でも「不起訴相当」とされたことについて、「性犯罪の捜査や司法手続きは、当事者にも明かされない『ブラックボックス』が多い。民事裁判を通じて、それらを一つ一つ明らかにし、今の司法のあり方について考えるきっかけになれば」と語った。

 支援方法など詳細は、会のHP(https://www.ftwshiori.com/別ウインドウで開きます)。

 訴状によると、伊藤さんは15年4月、就職の相談をしようと都内で男性と会食。その後、意識を失い、ホテルで望まない性行為をされた、と訴えている。男性側は争う姿勢を示している。(三島あずさ)


どこのだれ?銀行協会職員偽り300万円詐欺画像




+


銀行協会職員偽り300万円詐欺:

(犯人が逮捕されたら実名記載?)

警視庁はこんな写真を公開して「やってしまった」かもしれない。問題は眼鏡。眼鏡をはずした画像も作って後悔しないと変な顔だけが刷り込まれてしまいかねない。



https://www.sankei.com/affairs/news/190409/afr1904090007-n1.html

銀行協会装いキャッシュカードだまし取る 男の画像公開 東京
2019.4.9 12:31社会事件・疑惑

女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す男の画像(警視庁提供)

 銀行協会の職員などを装って高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとして、警視庁捜査共助課は9日、女性宅周辺やコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)の防犯カメラに写っていた男の画像を公開した。男は特殊詐欺グループの「受け子」兼「出し子」役とみられる。同課は詐欺容疑などで捜査しており、情報提供を呼びかけている。

 同課によると、2月23日午前、東京都杉並区の無職女性(85)宅に百貨店の店員や銀行協会の職員を装って「あなた名義のカードを使おうとしている者がいる」「新しいキャッシュカードに取り換える」などと電話があり、女性は同日午後、自宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を渡した。女性は暗証番号も伝えていたといい、その後、女性の口座からは計300万円が引き出された。

 銀行から「多額の引き出しがある」と女性宅に連絡があり、被害が発覚した。

 男は20代くらいの黒髪。背広姿で眼鏡をかけていた。情報提供は高井戸署(03・3332・0110)。


矢作進|佃香織|野澤雪子|山野青空|大久保樹|

/

矢作進|佃香織|野澤雪子|山野青空|大久保樹|

取手市いじめ自殺事件の当事者たち。

茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題

-


誰かが事件を生々しく纏めていた。信ぴょう性は不明だがこれだけ具体的だと出鱈目な訳は無いだろう。これだけの努力には敬意を表する。



逃げた担任は誰? ⇒佃香織(つくだかおり)


この人は今も教壇に立っているとか。人間として無反省すぎる。自分のクラスの子供の命を些細なこととしたのだから、この人の命(人生・仕事)も些細なことだ。さっさと辞めれば。

-

いじめを繰り返した子供達として記載されたもの。死ぬとは思わなかったと言うかもしれないが、死んでもいいと思っただろうし、死ぬまで続けただろう。その意味で殺人犯に匹敵する。



いじめっ子:

いじめっ子としてネットに記載のあった人たち。事実関係は未確認。いずれも可愛い少女にしか見えない。だから怖いものがある。彼女たちが加害者。その後の取手市は加害者をかばい犯罪隠ぺいに走った。取手市長以下全員が犯罪加担の社会だから、誰ひとり全く無罪とはいかないだろう。この3人にしても知らん顔して何処かに進学しているんだろうが、最低限の社会的制裁は受けなければいけないだろう。級友の命を奪った張本人なんだから。友人の将来を奪っておいて、自分の将来だけは守ろうとしているなら、どこから何処まで無反省な身勝手な連中だろう。



(ここから削除のこと)
    
 

(ここまで削除)



/


矢作進 取手 教育長



https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201803/CK2018032602000144.html
取手・中3いじめ自殺 担任欠席で保護者会紛糾

2018年3月26日
当時の対応を謝罪する矢作教育長(中)ら市教委幹部=取手市で
写真

 取手市立中三年の中島菜保子さん=当時(15)=が二〇一五年十一月に「いじめられたくない」と日記に書き残し自殺した問題で、市教育委員会が二十四日夜、菜保子さんと同じ学年の保護者会を開いた。保護者会は一六年三月の卒業式直前にも開かれており、今回が二回目。当時の担任教諭が当日になり欠席したため紛糾した。会合で市教委は当時の対応を謝罪した。 (宮本隆康)

 保護者会は午後七時開催予定で、会場の市役所藤代庁舎には、当時の同級生三十八人を含む約百三十人が集まった。今月末で辞職する矢作進教育長、当時の市教委幹部、校長、教頭らが出席した。

 だが、出席予定だった当時の担任の女性教諭が、当日になって、体調不良を理由に欠席した。

 このため、中島さんの両親や保護者らから不満が続出。市教委幹部は、保護者らに促されて、女性教諭に電話し出席を求めたが、断られた。担任を出席させたうえで再び保護者会を開くことを約束し、保護者会が始まった。開始は予定から約三時間遅れの午後十時前だった。

 冒頭、矢作教育長が当初、いじめによる重大事態に該当しないと判断したことなど、一連の対応を謝罪。「遺族に心労をかけ、保護者や生徒にも迷惑をかけた」と頭を下げた。

 二年前の保護者会で学校側は「いじめはなかった」と説明していたため、保護者から「当時は何を根拠に言ったのか」「謝罪よりも経緯を明らかにするべきだ」などの声が上がった。

 質疑の時間は、保護者や生徒のプライバシーを理由に非公開とされた。会合は二十五日午前零時前まで続いた。

 会終了後、取材に応じた菜保子さんの父考宜さん(46)によると、市教委が重大事態と認めなかった態度を一転させた理由を問う質問が多く出たが、具体的な説明はなかったという。

 考宜さんは「反省を口にしていたが、要求しない限り何もしない対応は、最初から変わっていない。担任の口から核心部分を聞きたかったが、逃げているとしか思えない」と不信感を口にした。母淳子さん(47)も「まただまされた気分。最初からずっと、この状態が続いている」と話した。



誰も佃香織からコメントを取っていないのではないか。電話するかメールするかもしていないんだろうか。教壇に立っているらしいからいつでもアクセスできるだろうに。

おおはらなおみ-大原直美

/



おおはらなおみ-大原直美

  • 京都造形芸術大学
  • 公開講座



坂上ってやはり馬鹿。自己本位過ぎる。


男性器を露出させる行為。これは立派なセクハラ。

特定の条件が設定されているなら構わないが、一般市民が予告なく見せられたら怒って当然。

映画だってR指定して暴力・セックスシーンを嫌悪する人は見ないで済む。公開する側には最低限の配慮は必要だろう。大学側は既にセクハラを認めている。坂上のずれが目立つ。

ねちねちと的外れの時間繋ぎ。さっさと馬鹿を辞めろよ。




問題は、大学側が示談で要求したこと。

大学は恐喝・パワハラ・法的措置をとると脅している。最低の対応。セクハラと認めていないのか、居直っているのか。

嫌だな。坂上の屁理屈。こいつは何でも反対して自己アピールしている馬鹿男と同じだ。中身より自分の存在アピール優先。頭が壊れている。



はっきりしたこと:

(1)京都造形芸術大学の馬鹿さ加減
(2)坂上の馬鹿さ加減

どうしようもないくらい最低。

フットボールアワーの出演者の賢さもはっきりしたね。次は彼らに任せていいんじゃないか・

以上はお昼のバイキングを見ていての話し。




http://news.livedoor.com/article/detail/16083606/


会田誠氏の講義で精神的な苦痛を受けた 女性受講生が大学を提訴

    127
    130

2019年2月27日 15時45分
ざっくり言うと

    京都造形芸術大の公開講座を受講していた女性が、大学の運営を提訴した
    ゲスト講師の会田誠氏が下ネタを話し続けたことを、セクハラだと訴えている
    セクハラ言動そのものでなく、そうした環境を作り出したことが問題だとした

「会田誠さんらの講義で苦痛受けた」女性受講生が「セクハラ」で京都造形大を提訴
2019年2月27日 15時45分

弁護士ドットコム
関連画像

写真拡大

京都造形芸術大の東京キャンパスで公開講座を受けたところ、ゲスト講師から環境型セクハラにあって、精神的苦痛を受けたとして、受講していた女性が、大学を運営する学校法人「瓜生山学園」を相手取り、慰謝料など計約333万円の支払いをもとめる訴訟を東京地裁に起こした。提訴は2月22日付。

原告の大原直美さん(39)と代理人が2月27日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。大原さんは「講義内容が本当にひどいものだった」「セクハラを訴えたあとも、大学側の対応が、教育者としてあるまじき姿だった」「生徒を守ってくれないのは本当に残念だ」と心境を語った。


●会田誠さんの講義でショックを受けた。

代理人などによると、大原さんは2018年4月から6月にかけて、京都造形大・東京藝術学舎で開かれた社会人向け公開講座(全5回)を受講した。ヌードを通して、芸術作品の見方を身につけるという内容だった。大原さんは、第3回(2018年5月12日)のゲスト講師だった芸術家の会田誠さんの講義でショックを受けた。

講義は、涙を流した少女がレイプされた絵や、全裸の女性が排泄している絵、四肢を切断された女性が犬の格好をしている絵などをスクリーンに映し出すという内容で、会田さんはさらに「デッサンに来たモデルをズリネタにした」と笑いをとるなど、下ネタを話しつづけていたという。

大原さんは、会田さんのキャラクターや作風を知らなかったという。すぐに、大学のハラスメント窓口に苦情を申し立てたが、第5回(同年6月12日)のゲスト講師で、写真家の鷹野隆大さんの講義でも、勃起した男性の写真の投影などがあった。「講義を受けに来ただけなのに、どうしてこんな目に合うの?」

大原さんは、動悸や吐き気、不眠の症状がつづき、急性ストレス障害の診断を受けた。


●「作家の作品の是非ではなく、環境を作り出したことが問題だ」

大学側は同年7月、環境型セクハラについて、対策が不十分だったと認める内容の調査報告書をまとめたという。ところが、そのあとの話し合いで、示談にあたって、お互い関わり合いを持つことをやめる、という項目の要望があり、交渉が決裂。大原さんは同大通信教育部を卒業して、他の大学やカルチャースクールで美術モデルの仕事をしている。

代理人の宮腰直子弁護士は「大学は、セクハラ禁止のガイドラインをもうけており、公開講座を運営するにあたっても、セクハラ対策をすべきだった。作家の作品の是非や、セクハラ言動そのものでなく、そうした環境を作り出したことに問題があった」と述べた。講座の運営方法や告知の仕方、その後の対応について責任を追及していくとしている。

大学側は、弁護士ドットコムニュースに対して「訴状が届いていないので、コメントできない」とした。

(弁護士ドットコムニュース)



おおもりみつお-大森光男

/


おおもりみつお-大森光男



変な事件。変なメディア。

(1)交通事故?

先ず、交通事故(?)の方だが、ドラレコのビデオを最後まで丁寧に見れば分かることは、この被害者と主張する女は「当たり屋]と同じ振る舞い。

駐車場に止まった軽トラはバックで出るしかないのに、男が運転席に乗っていったのに、だから間もなく軽トラはバックすると分かっているのに、軽トラの進路妨害のように後ろに立ったまま 。実際に軽トラが動き出しても電話をしている。軽トラの接触の確認できない状態で自分で大袈裟に倒れている。倒れるという折、自分で足の力を抜いて勝手に体位を落としてゆっくりと倒れるようにしているだけの演技にしか見えない。当たり屋は決して怪我はしないようにやるからお手本の手口だ。

警察は被害届を受理したようだが、女性の方にも注意すべきだろう。

恐らく、この女はアオリ運転で訴えてやるとでも言ったのではないか。面倒くさいと思って男はその場を離れようとした。

(2)煽り運転?

煽り運転の実態も推定は容易だ。狭い道では基本的にスピードは出ない。それでも慣れた人はすいすい。不慣れな人はもたもた。其の2台が普通に走ればぴったり後ろに付くことになりかねない。

テレビで流れたドラレコ映像から判断すると、この女は自分で男に近づいている。駐車位置も向きも不自然。ドラレコのカメラの方向を考えていたのか?。

 (3)ゴミ屋敷?

居住者のゴミが居住者の敷地内にあるのに勝手にメディアは撮影してながしているが、それって変じゃないか。普通に洗濯物を干してあって、それをわざわざ映すのかな。失礼な話。確かに所謂ゴミ屋敷として危険ゾーンに見えるが、この手の問題に入り込むのはやり過ぎ。放送倫理の問題を感じる。

離婚したことや近隣トラブルを、ここを幸いと実名で報道するのは酷い。芸能人じゃないんだよ。

(4)空地のゴミ ?

あの広い空き地を放置しているのは土地の所有者の問題。その全てが件の男性の仕業と考えるのは無理がある。学校に使ってほしいなら市に無償で使用権を譲るなどしてもいい。何もかも男性を悪く悪く見せるように誘導している。不健全なメディアに見える。

(5)近隣トラブル?

町内会が過去に(今も?)失礼なことをした可能性だってある。この男は実は被害者意識の塊になっていることも。孤立して過剰反応していることも。岡山市役所の不作為・無策の結果でしかないことも。

-

今回、無理やり事件化されて、メディアで興味本位で流されてしまった不幸な男。ますます遠のく昭和の匂いがたっぷりする。頑張ってきたのに手元には何も残っていない。



「殺すぞ」「火つける」軽トラぶつけ…女性けが[2019/02/23 11:49]

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000148339.html

 岡山市で女性に軽トラックをぶつけてけがをさせたとして、65歳の男が傷害と脅迫の疑いで逮捕されました。

 岡山市の内装業・大森光男容疑者は先月31日、岡山市南区の駐車場で会社役員の女性(39)に対して「殺すぞ」「家に行って火を付けちゃる」と脅迫し、軽トラックを女性にぶつけてけがをさせた疑いが持たれています。大森容疑者は「女性ともめたことは間違いないが、脅迫もしていないし、暴力も振るっていない」と容疑を否認しています。女性の車のドライブレコーダーには一部始終が撮影されていて、警察は直前の交通トラブルが動機とみて調べています。




今後?

今回の事件と報道で、被害者が更に傷つけられたのだ。この女性が先手を取って謝罪でもしない限り深刻な事態が起きてもおかしくない。この女のやったことはそれくらい非常識に見える。町内会・地主らは話し合って本気で地域問題解決について答えを出さなければいけない。



勿論。この男の行いは社会性を欠くレベルに来ていると言えそうだ。必要な反省と改善は期待したい。

さいとうちはる-斎藤千春

/

さいとうちはる-斎藤千春

  • 斎藤千春常務
  • 豊田純司社長
  1. 会社名    株式会社豊田
    設立日    創業:1949年4月
    代表者    代表取締役社長:豊田 純司
    URL    http://www.sushitsune.co.jp/
    事業内容    寿司屋チェーン経営
  2. 所在地: 〒170-0004 東京都豊島区北大塚1丁目21−14 
  3. 電話: 03-5974-6811
  • 寿し常
 ※

  • 渉外担当?
  • 食中毒事件の隠蔽担当?
  1. CHI-HA-RU0425S@t.vodafone.ne.jp 
  2. vodafone」が健在。