ページ

よこたはじめ-横田一

-

よこたはじめ-横田一
  • 横田一
  • 小池百合子
  • 排除発言
  • フリージャーナリスト
小池百合子の排除発言を引き出したとして一躍有名になったフリージャーナリストだが、良くも悪くも無事では済まないだろう。誰かにとってはヒーローだが誰かにとっては恨み骨髄の存在。賞賛されるも恨みも買うだろうから、油断大敵だ。
  1. 小池百合子の偶像を取り払い本質を露呈させた功績は評価すべき。




http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53285

「排除」発言を引き出した記者が見た「小池百合子の400日」
なぜジャンヌ・ダルクは墜ちたのか
横田 一
「あの会見」が全ての始まり

安倍政権打倒の先頭に立つはずの希望の星、改革の旗手が一転、リベラル派の「大量虐殺」に手を下す「詐欺師」に豹変したのでは――国民にこんな疑念が浮かんだきっかけは、9月29日の都知事会見だったことだろう。

「前原代表を騙したのか、(それともリベラル派排除のために、前原氏と)共謀したのか」との私の質問に対し、小池百合子都知事(希望の党代表)が笑みを浮かべながら「排除します」と断言した時のことだ。

その4日前の25日午後、安倍晋三首相の解散表明会見の直前に、小池氏は新党・希望の党結成と代表就任、そして「原発ゼロ」を掲げることを表明していた。電波ジャックに成功すると同時に、「原発ゼロ」を訴え続ける小泉純一郎元首相とも面談して激励を受け、「脱原発の旗の下に非自民勢力が結集し、原発推進の安倍政権を打倒するのではないか」という期待感が一気に高まった。

だが、小池氏は千載一遇のチャンスを自ら逃した。民進党の前原誠司前代表が、28日の同両院議員総会で「安倍政権打倒のために1対1の対決に持ち込む。排除されることはない」と説明し、民進解体・希望合流が満場一致で了承されたにもかかわらず、その翌29日、急失速を招く「排除」発言を口にしてしまったのである。

私は小池氏が都知事に就任した昨年8月以降、毎週金曜日の14時に行われる小池都知事の定例会見に、できる限り出席するようにしてきた。

しかし、小池氏の「記者選別」はトランプ大統領並みで、詳しくは後述するが、質疑の際には「お気に入り」の記者を明らかに優先して指すのである。フリーランスで、なおかつ小池氏にとって耳の痛い質問をすることが多い私は指されないことがほとんどだったが、この日は偶然か、半年ぶりに指名された。

そこで冒頭のように、民進党との合流に関する前原代表の説明との食い違いについて聞いてみたのだ。
どこか様子がおかしい…

横田:前原代表が昨日、所属議員向けに「希望の党に公認申請をすれば、排除されない」という説明をしたのですが、一方で(小池)知事、(希望)代表は「安保、改憲を考慮して一致しない人は公認しない」と(報道機関に話している)。(前原代表と)言っていることが違うと思うのですが、前原代表を騙したのでしょうか。それとも共謀して、そういうことを言ったのでしょうか。二人の言っていることが違うのですが。

小池知事:すいません。その質問は場所を転換してからお答えさせていただいた方がいいと思いますし、(筆者が?)「独特の言語」を使っていらっしゃるなと今思ったところです。

4日前に小池知事が希望の党代表に就任したために、この日の定例会見は2部制(前半が都政関連、後半が国政関連)になっていた。そこで私は第1部での質疑応答を止め、第2部で再び同じ質問を繰り返した。

横田:前原代表が昨日(28日)発言した「(希望の党に)公認申請をすれば、排除されない」ということについて。小池知事・代表は、安保・改憲で一致する人のみを公認すると。前原代表を騙したのでしょうか。共謀して「リベラル派大量虐殺、公認拒否」(を企てた)とも言われているのですが。

小池知事(=代表):前原代表がどういう発言をしたのか、承知をいたしていませんが、『排除されない』ということはございませんで、排除いたします。取捨(選択)というか、絞らせていただきます。

それは、安全保障、そして憲法観といった根幹の部分で一致していることが政党としての、政党を構成する構成員としての必要最低限のことではないかと思っておりますので、それまでの考えであったり、そういったことも踏まえながら判断をしたいと思います。

現下の北朝鮮情勢などで、これまでの議論に加えてリアルな対応を取っていこうと考える方々もいらっしゃるので、そういったところもしっかり皆様、希望の党から出馬されたいという方を絞り込ませていただくことでございます。ちなみに、その作業は私どもの方では若狭(勝)議員、そして民進の方から玄葉(光一郎)議員が絞り込みの作業に入るということで基本的に任せているところです。

横田:ということは、「安倍政権打倒」を甘い言葉にして、リベラル派大量虐殺、公認拒否・排除をしたということになりませんか。「(綱領にある)寛容な保守」であれば、ハト派からタカ派まで包み込まないのですか。公認しないのですか。そうしないと、安倍政権を倒せないのではないですか。

小池知事:多様性に富んでいるということは、これ(会見)で証明していることになります。とても寛容な記者クラブで…(と言って、私の質問に答えるのをやめて次の記者を指名)。

この「排除いたします」「取捨」という強い言い回しには正直、私も驚いた。驚いているうちに、小池氏は都庁記者クラブと会見そのものに話をすり替えてしまった。いま考えると、小池氏自身も直前の「排除」発言を「まずい」と思い、焦って話題を変えようとしたのかもしれない。

去年7月の都知事選を皮切りに、2月の千代田区長選、そして7月の都議選と、連戦連勝を繰り返してきた小池氏を1年あまりウォッチしてきた私には、これが「勝負師らしからぬ失言」としか思えなかった。

/

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53285?page=2

「排除」発言を引き出した記者が見た「小池百合子の400日」
なぜジャンヌ・ダルクは墜ちたのか
横田 一

リベラル派を排除すれば、別の新党結成、ひいては野党乱立を招く恐れがあるのは予測できたはずだ。にもかかわらず、小池氏は自らの首を絞めるような愚行を始めてしまった。小池氏の「排除」は単なる失言ではなく、事実だった。

案の定、その後「排除」されたリベラル派議員を中心に立憲民主党が結党、希望の党を上回る議席を獲得し、野党第一党となったことは皆さんもご存知の通りだ。
止められる側近がいなかった

「女帝」のご乱心を止める側近がいなかったのも致命的だった。立憲民主党の結成前にこの「排除発言」を撤回し、「公認申請者は排除しない(全員公認)」と方針変更をしていれば、失速を避けることも可能だったに違いない。

しかし実際に希望幹部が反省の弁を口にしたのは、立憲民主党の結党後。希望の公認候補を決める民進側の窓口だった玄葉光一郎・元外務大臣は「(排除)発言がなければ、希望の党は200議席に迫る勢いだ」(13日)、「『排除』という言葉を使わなかったら、今ごろ自民党と競っていた」(18日)と悔やみ、小池氏もBSフジの番組で「きつい言葉だったと思うが、政策の一致(が重要)ということを申し上げたかった」と釈明したが、時すでに遅しであった。

ネット上では、小池氏のイメージダウンを招く映像が急速に広がっていった。私が「前原代表を騙したのか」と聞いた瞬間、小池氏はにやりと笑ったのだが、その様子を映した動画が「『前原をだました?』に『ふふふ』さすが緑のタヌキ(笑)」といった説明付きでSNSで拡散されたのだ。

わずか1年前の都知事選では、自民党から公認がもらえずに崖から飛び降りるように出馬し、「草の根改革派」として大勝した小池氏が、今回は一転、一手に公認権を握って「リベラル派大量虐殺」を断行する独裁者となったーージャンヌ・ダルクを彷彿させる善玉のイメージから、「女ヒトラー」(日刊ゲンダイ命名)のような悪玉イメージに変わってしまったのだ。

10月22日の投開票日を迎え、蓋を開けてみると、7月の都議選圧勝が幻だったかのように、お膝元である東京都の小選挙区でも希望の党は惨敗した。

その原因は、容易に推定できた。都議選で、自民党の歴史的惨敗と都民ファ―ストの会圧勝を実現した立役者である野田数・特別秘書(前・都民ファ代表)と選挙プランナーの松田馨氏が、今回の総選挙には一切関わっていなかったのだ。

「小池代表以外で候補者選定に関わっていたのは、産経新聞出身の事務総長のO氏と小池氏と懇意なジャーナリストのU氏で、リベラル派排除を進めたのはO氏と囁かれていました。都議選では、水面下の調整を含めた陣頭指揮を取った野田氏と、選挙プランナーとして候補者に指南をした松田氏が都民ファ圧勝に大きく貢献しましたが、今回の総選挙では2人とも外されていたようです」(都政関係者)

天下分け目の決戦で、実績抜群の有能な「部下」をわざわざ外し、先の読めない不寛容な側近で脇を固めたことが、都議選と正反対の惨敗を招いた主因ではないか。
皆「寛容」を期待していたのに

3ヵ月前の都議選で都民ファは、公明党や連合、民進党離党者などの非自民勢力を幅広く結集し、自民党を歴史的大敗に追い込んだ。その時に掲げたのが「情報公開」の旗印。森友・加計問題での安倍政権の情報隠蔽体質に対する批判が高まっていることと、都が情報公開を進めていることを重ね合わせ、争点化したのだ。

6月1日の都民ファ総決起大会の囲み取材で、私が「(都議選を)『ブラックボックス化の自民党』対『透明化の都民ファーストの会』という構図と捉えていいのでしょうか」と聞くと、小池知事は笑顔でこう答えた。

「たまにはいいことを言ってくれますね。ありがとうございます」

小池知事と入れ替わるように代表から幹事長となった野田氏も、次のように勝因分析をしていた。

「勝因は、自民党の体質が表面化したためだと思っています。今回の都議会選挙が注目を浴びたのは、小池都政が情報公開をすることによって、都政の様々な課題が浮き彫りになった結果です。選挙の大きな争点は『情報公開を進める都民ファーストの会』対『隠蔽体質の自民党』。都議選でしたが、国(安倍政権)の隠蔽体質に『NO』を突きつけたのです」

前述の通り都民ファは都議選で、やり手の若手選挙プランナーの松田氏を選挙対策に抜擢していた。去年11月12日の小池政治塾「希望の塾」第2回で講師を務めた松田氏は、2006年と2010年の滋賀県知事選で嘉田由紀子・前知事の連続当選にも貢献した人物だ。

ちなみに小池氏と嘉田前知事には、女性知事以外の共通点がいくつもある。2人とも環境保護推進派で、選挙のシンボルカラーはグリーン、そして知事選で自公推薦候補を打ち破った。しかも松田氏は2012年12月の総選挙で、嘉田氏が知事と「日本未来の党」代表を兼任した際にも選挙プランナーを務めていた。野党が乱立して自公が圧勝、第2次安倍政権が誕生した時のことである。

「今回の総選挙で小池氏が、都議選圧勝に貢献した松田氏や嘉田前知事に助言を求め、野党乱立(日本未来の党・民主・維新・みんなの党)を招いた当時の失敗談に耳を傾けていれば、あの『排除』発言を口にすることはなかったかもしれません」(永田町ウォッチャー)

私の質問の主旨は、「『安倍政権打倒』という目標と『リベラル派排除』は両立しうるのか」という疑問を呈示することだった。「『寛容な改革保守』という党の綱領に従って、公認申請をする民進前議員を全員受け入れ、ハト派からタカ派まで包み込む非自民勢力の結集を実現することこそ、政権交代には欠かせないのではないか」と言い換えることもできるが、この問いかけに小池氏は答えようとしなかった。

人選ミスに加えて、小池氏自身の聞く耳を持たない「独裁的体質」が転落に拍車をかけたのではないかと思う。

選挙の後、私のもとには「よくぞ質問してくれた」という声も、「あんなことを聞かなければ、希望の党は安倍政権を倒していたかもしれないのに」という声も両方届いている。

確かに、あの会見で私が質問をしなかったら、あるいは私が半年ぶりに小池氏に指されなかったら、選挙の結果はかなり違ったものになっていたかもしれない。また個人的には、自民党を再び大勝に導く遠因を作ってしまったと思うと、複雑な気持ちではある。

しかし一方で、小池氏が「排除」した民進党リベラル派はすぐに立憲民主党を作り、安倍政権に批判的な民意の受け皿となった。彼らが希望の党にいったん合流したとしても、遅かれ早かれ、袂を分かつ日は来ていたはずだ。その日が早まっただけだと考えれば、むしろ選挙後の混乱を未然に防ぐことになったのかもしれない。


/

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53285?page=3

「排除」発言を引き出した記者が見た「小池百合子の400日」
なぜジャンヌ・ダルクは墜ちたのか
横田 一
おまけ:記者も「排除の論理」?

最後に、小池氏の会見スタイルについて少し補足をしておこう。氏はテレビなどでもおなじみの通り、質疑応答の際には笑顔を絶やさずに丁寧な口調で受け答えをする。しかしその一方で、質問者を選別し、私のような記者には質問の機会をほとんど与えない一面がある。小池氏は去年の夏以降、都知事としての記者会見でも「排除の論理」を徹底してきたといえる。

このことは、定例会見と臨時会見における記者別指名回数を順位づけした「都知事会見の指名回数順位(“好意的記者”ランキング)」を見ると、一目瞭然だ。

ちなみに、私が小池氏の「ブラックリスト」に載った質問と見ているのが、2回目の指名となる昨年8月13日のもの。私はこの時、築地市場の移転問題について、市場関係者との面談を非公開にしたことを問い質したのだが、これ以降、約半年も指されない状態が続いた。

そこで私は「都知事会見指名回数順位表(お気に入り記者ランキング)」(表1)を作成してネット媒体の「リテラ」に掲載した。すると、その約1週間後の3月10日、半年ぶりに指名された。





(表1)2016年8月〜2017年2月24日までの定例会見・臨時会見における指名回数

しかしその後は、再び指されない状態が続くようになったので、今度は月刊誌「創」2017年9月号に、今年7月までの情報を追加した最新版(表2)を掲載してもらったところ、9月29日に半年ぶりに当てられたのだ。





(表2)2016年8月〜2017年7月21日の指名回数

この表にある日テレの久野村記者やTHE PAGEの具志堅記者は、直近の会見でも私よりはるかに頻繁に指名されている。ランキング2位の具志堅記者は、10月6日と13日に両方とも指された。久野村記者は、13日の囲み取材で私が質問したとたん「囲み終了」が宣言されたにもかかわらず、そのあとで追加質問が許される特別扱いを受けていた。

とにもかくにも、有権者の審判は下された。「排除」というただ一点によって、これまでの破竹の勢いを大きく削がれることとなった小池氏。これから東京五輪へ力を振り向けてゆくこととなる都政を、また国政政党となった希望の党の舵取りを、まっとうすることはできるだろうか。

なかおみほ-中尾美穂


なかおみほ-中尾美穂


加害者(共犯者)か被害者か傍観者か。図式的には確実に加害者でしょう。



(追記)

事件から時が流れた。

石橋の判決(一審)も出た筈だ、

この女性も事故でけがをしたらしい。 踏んだり蹴ったり。こんな男と交際していたことも世間に知られてしまった。良識も見識もない馬鹿女と思われたらこれからどうするのかと。

やり直しのきかない人生はないというが、過ぎた時間は戻らない。遺族(子供たち)が大きくなるまで、事件の風化などないだろう。

助手席に座ることも、それが危険物なら責任は伴う。一緒に酒を飲むとかも無責任ではいられない。パートナー責任は様々な意味で簡単でない。

@2019/02/25

はぎやまよしひさ-萩山嘉久|萩山友香さん

.

はぎやまよしひさ-萩山嘉久さんはぎやまゆか-萩山友香さん


(被害者)
(加害者)
  • 石橋和歩(25歳)(逮捕)
  • 女(アバズレ?)(重傷)
  • 石橋和歩を育てた両親
  • 石橋和歩の勤務先・職場・友人



(勝手に推定した経過)

石橋和歩は同乗の馬鹿女がトイレ休憩を要求したので東名道中井PA(下り)のトイレの前の通路に車を停車させる。パーキングスペースに入れるのが正直だが、馬鹿男には通用しない。馬鹿女が用を足している間にパーキングスペースに車を入れれば普通だが、他人の迷惑お構いなしに、自分は下車してタバコを一服。

被害者家族はそんな中に中井PA(下り)のを出て行こうとしてトイレ前の馬鹿に遭遇。

萩山家族は中井PAでドライバーを夫から妻に交替していた。PAから本線に入るときは誰でも若干緊張する。そこで誘導路を塞ぐように停車していた石橋に(ひょっとすると窓を開けて)注意する。「こんなとこに停車させたら邪魔だろう。」とか。【普通はどうするか?。余計な接触はしない。

石橋が「すみません」とか合図とかで返していればそれで済みだが、馬鹿はますます馬鹿になる。九州から女友達(馬鹿女)遠出して来ている石橋は常に緊張状態を強いられていた。旅先の甘えの気持ちもあったか。もともと悪の石橋は常にターゲットを探していた。非常識な行為を繰り返してそれに絡んでくる正義の良識人がターゲット。石橋の手口。

見れば家族連れで女性のドライバーは格好の餌食に見える。

タバコをポイ捨てして早速攻撃に入る。事件現場(停車させた位置)まで1300メートル(直線)と言うのは高速では極めて短い距離だ。石橋の馬鹿車は数分も掛けないで 萩山家族に追いついた。萩山家族の前に割り込んで急ブレーキを繰り返す。何度かの追越車線では急ブレーキは急停車になった。

高速道路で停車させる危険は誰もが知るが、石橋は萩山家族の車が防波堤になるから自分は大丈夫と踏んでいた。それでも下車は非常識。完全に犯罪者の凶暴な脳に興奮させていた。獲物に直進する野獣。

萩山友香さんは追いかけられていると分かった時点でパニックに入っていた。急ブレーキを何回も余儀なくされてパニックは極限だった。何とか逃げ切りたいと、車を止めてはいけないと。だから追い越し車線に逃げることもあった。




<妄想>

迷惑な場所に駐車して喫煙所でもないところでタバコを吸う石橋和歩。只のマナー違反ではない。意図的に誰かが注意するのを待っているのだ。最初から犯罪行為を企んでいる。この男は許せない。石橋和歩の家族も許せない。

走行車線で止めるのは論外。石橋が走行車線に止めても自分の車はバックして前を開けてでも左によるべきだ。

女性の運転だったことも災いした。パニックになっていたかも。逃げるとか交わすとかが出来なかったのか。

普通の路上で停車したように車から降りるなんてこれも論外。石橋が降りても降りる必要はない。

さっさと警察に電話すればいいのに。

石橋が降りてきた時にドアか窓か知らないが開けることはないだろう。

石橋と共犯の女は被害者の車の左に立って 車を動かせないようにしていた可能性もある。尚更、バックして逃げるべきだった。

緊急事態を知らせるハザードは付けて他の車が警察を呼ぶチャンスもあったはずだ。

この被害者男性は、日ごろは上から目線のドライブだったことはないか。ワンボックスの車が乱暴運転が非常に多い。俺様の道だと言わんばかりの運転が目立つ。その手合いだったら、油断があったかもしれない。被害者として振る舞うことが出来なかった。危険予知的な行動が不十分だったのではないか。

チョウケイコ-張景子

.

チョウケイコ-張景子
  • 張景子
  • 元北京放送アナウンサー

全く嫌な女だ。仕事でやっているのだろうが感覚のずれに恥ずかしくならないのか。積極的に体制にすり寄る人間。

日本に帰化したとあるが全くの方便だ。

標的にされないように体制派。体制が変わればまた新しい体制を礼賛。



中国のプロパガンダ

こんな奴をテレビに出さないで欲しい。フジテレビの報道番組「新報道2001」

きくちちえこ-菊地チヱ子



きくちちえこ-菊地チヱ子
 -
  1. スズメバチをどのように刺激したか分からないが集中砲火を浴びて取り残された老婆が死亡してしまった事件だけど、誰がどう考えても付き添いの男性の振る舞いに疑問を持つ。
  2. 付添の男性は動けない女性を残して自分だけ逃げだすなんて最低。救助を求める為と言い訳しているが救助にも事情が正しく伝わっていなくて二度手間になっている。結果、致命傷。自分本位で逃げ出しただけでしょう。
  3. 菊地チヱ子さんは蜂に刺されたというよりも付添男性に見捨てられ置き去りにされた事件だ。この男性は危険を認識していたから逃げ出したわけで彼女の命に危険があ及ぶことを理解していた。それで放置したのだから只の事故で済ますことは出来ない。少なくとも説明責任は免れない。
-
  1. 安全管理の観点ではアクセスルートの安全確保について日頃から注意していなかった可能性もある。いきなりスズメバチの巣が出来た訳ではない。



http://www.asahi.com/articles/ASKB63F13KB6PFIB001.html

スズメバチに150カ所刺され…車いすの87歳死亡

佐藤英法

2017年10月6日11時26分

 愛媛県大洲市長浜町穂積で9月11日、電動車いすに乗っていた女性(87)がスズメバチに刺され、翌日に死亡していたことがわかった。多数のハチに長時間にわたり約150カ所を刺され続けたという。

 大洲地区広域消防事務組合消防本部などによると、女性は同日午後4時ごろ、市内の福祉施設から帰宅する途中、同行した施設の男性職員とともに女性の自宅近くの空き家付近でハチに襲われた。まず同行職員が刺され、女性の車いすを約1メートル動かしたが、周囲に多数のハチが現れ、「一人では助けられない」と判断して施設に連絡。その間に多数のハチが女性に群がる状態になった。施設関係者数人が駆けつけて女性に雨具をかぶせようと試みたが、救助は難航したという。

 午後4時15分ごろに救急隊員3人が駆けつけたが、救急隊員は防護服などがなかったため、レスキュー隊員の出動を要請。同45分ごろにはハチが少なくなり、救急隊員が女性を救助して病院に運んだが、翌日、多臓器不全で死亡した。現場は山間部。空き家の軒下にスズメバチの巣があった。

 同消防本部は「通報内容からハチに刺された状態が続いているとは思わなかった。正確な情報収集を再度徹底したい」としている。(佐藤英法)




不可解!妄想?
「未必の故意殺人事件」の疑い

この事件はとても不可解だ。 いつも通る道にスズメバチの巣があった。いつもは無事なのにこの日に限って襲ってきた。何故か?。スズメバチなどは季節になれば自然に近いところへ行けば遭遇することはよくあることだ。しかし、特に構わなければ襲ってくることはないことも誰でも知っていることだ。この事件では誰かがスズメバチの巣の近くを通り、ハチの巣に石でも投げるか棒で突けば、間違いなく蜂は襲ってくる。

施設の職員が菊地チヱ子さんに恨みを持っていたり悪戯する気持ちがあったり脅かそうとしていたりすれば、普段から存在を知るハチの巣を利用しようと考えても不思議はない。こんな辺鄙なところへ送ってくるのは嫌だと考えたかも知れない。

施設職員はさっさと現場を離れて老婆を放置した事実は動かせない。携帯電話で連絡するならその場で出来ること。辺鄙なところへ携帯も持たずに出かけたらますます計画的な犯罪と言えそうだ。救援依頼の電話は要領を得ないものだった。最初から助けるつもりはなかったのだ。むしろ助けられたら自分の悪だくみがばれるからギリギリまで放置したと考えるべきだ。

警察も病院も単なるスズメバチ被害事故の一つとして片付けたりしたら大間抜け。

辺鄙な場所は謂わば開かれた密室とも言うべきもので老婆は逃げることも出来ないし誰の目撃も気にしなくてよい。

問題の施設職員の日常の振る舞い、家庭の事情、菊池さんとの関係、その前にこの施設の経営・運営の健全性についても確認すべきだ。

この職員は菊池さんから金を借りたり金の使い込みをやっていないか。菊池さんを殺す動機がなかったか。少なくとも危険な場所に放置する理由はなかったか。

少なくともこの職員の説明責任は問われるべきだ。

この職員の実名は報道されないのか?。



(2017/10/09)

TBSビビッドでこの事件を分析していたが全く的外れだ。

福祉施設の男性職員の犯罪行為(置き去り、放置、誤報は全て被害者の死亡を確実にするための行為)の必然性にフォーカスしていない。インタビューをとって徹底的に追及すべきだ。歩けない老婆は歩けない幼児と同じ。ハチが多くて近づけないでは済まさないだろう。男性職員は保護者の立場。最初自分が襲われたら危ないと思って遠くまで退却するだろう。自分だけ逃げるなんて酷い奴だ。人間じゃないね。

菊地チヱ子を置き去りにした男性職員って誰?




この事件はどう考えたって変でしょう!何か狂っていないか?

自分で動けないのだから例えば生後半年の乳児と考えて、スズメバチに襲われて自分だけ逃げますか。抱きかかえてでも一緒に逃げるでしょう。車椅子(乳母車)に乗っていたら、必死で車を押して一緒に逃げるでしょう。

駆けつけた連中も、襲われているのが赤ちゃんだったら次の救援なんかのんびり待っていられなくて、目を瞑ってでも必死でハチから赤ちゃんを奪い返すでしょう。

愛媛県大洲市は薄情者が多いのか。

※ 

障害者の老人をスズメバチの巣の下に置いたまま自分だけ逃げてきた男性職員を許すことは出来ない。この男は悪戯の心算でわざとこのようなことをしたに違いない。死ぬとまでは思っていなかったかもしれないが未必の故意殺人事件と理解する方が分かり易い。一応、救援を呼んで自分の良識を示そうとしているが、一種の作為的なアリバイ行為と同じだろう。

愛媛県の警察は事故と言うことで簡単に済ましてしまうかもしれない。四国の警察ってどこも甘いからね。

人気の投稿:全期間

blogger

  • 掲示板をニホンハウジングの営業用に使っているが誰が承認したのか? - 掲示板の営業利用 掲示板を見ていたら、一方的に首にした管理人の人事の掲示の隣に、日本ハウジングの営業用のチラシが掲示されていた。 誰が許可したのか。 そもそもそういう場所ではないだろう。 もっとも各戸配布よりは良いが、業者の営業のり弁に供する目的の掲示板ではない筈だ。 ※ 短期間なら構わないと判...
    1 時間前
  • ネーミングとネーミング・ポリシー - ネーミング って簡単に考えれば簡単。なんだかんだ考えだすといきなり難しくなってトンネルから抜け出せない。デザイナーとかプランナーとか言う連中は理屈ばかり言って大げさにアプローチしてくれるが、ものを見て、実際に感動できなければ何の意味もない。最初は物珍しいだけで感動できても直ぐに飽きてしまうものでも困る。感...
    1 日前
  • マツカサトカゲが教える絆の形 - マツカサトカゲが教える絆の形 - マツカサトカゲ - 胎生 1. 母子は1年近くも一緒に過ごす 2. 卵を襲われる危険を回避できた。 3. しゅっ差の数は数は少ない。 だから大事に育てる。 ※ ビデオしてあったものの中に恐竜のNHKスペシャルがあって、その中で出...
    3 日前
  • 費目の大項目で変動費と固定費を区分しようとする手抜き! - ホーム>予算 予算の進捗>大項目の設定 デフォルトの設定では、交通費と自動車を分けていて頓珍漢に見えたが、ここでは、「手元で管理するお金(変動費)」「毎月決まった支出(固定費)」「管理対象外」に任意に分類設定できるようだ。 変動費、固定費の概念が出てきた。手元管理と変動費は関係ないのに、どういう頭で言...
    1 週間前
  • 新生銀行:セキュリティ変更内容が無残?セブンペイより不出来! - 新生銀行は早くからネットバンキングに取り組んでいた言わば先進的な銀行だったのに、セキュリティ上の課題は長く放置されたままだった。 今週辺りからネットバンキングのサイトデザインが変更されている。事前の案内があったかどうかは記憶にないが、最も重要な変更は、決済処理(金の移動)に当たっては、パスワード(暗証カー...
    1 週間前
  • ひなげし:今年は珍しく花を咲かせた - ひなげしのポピーは雑草でどこにでも顔を出している。 花びらの透明感が素敵で、狭い庭にも花を咲かせたいとずっと思っているが、どうやっても花を咲かすどころか、生き延びる様子がない。 山野草の一つとして販売されているものを植えてみたら2,3年は頑張ったが、この頃は姿も見せない。 ※ 前回の作戦は、道端のひな...
    1 週間前
  • 覚醒剤使用を勧誘する警察官とは? - 社会的な役割や立場を考慮すれば、重罪に相当だろう。 埼玉県警は隠蔽したかっただろうが、ネットの書き込みで第3者が監視しているリスクを考えて最低限の処置をしたのかな。 逮捕もしないし実名も出さない。 <埼玉県警蕨署地域課・覚せい剤・ネット勧誘・巡査・34歳> - 常識で考えにくい。本人は本当のことを言...
    3 週間前
  • 「ウォールフラワー」 - ウォールフラワー エマ・ワトソン? 中学生・高校生の話。 スタンバイミーも後の作家になるひとが語り手で同じトーン。スタンバイミーは小学生の年代か。 何が面白いかもわからず2回も観てしまって、今なお何が面白いか分からない。 でも、もう良いかな。 ※ 両親との離別、叔父叔母との離別、辛いことが続くと子...
    3 週間前
  • たいらせいや*平聖也 - たいらせいや-平聖也 平聖也 - 夫・加害者 - たいらふぶき-平楓吹 平楓吹 - 妻・被害者 - 1. 「他人を見るような目に耐えられなかった」って、それで殺人の理由になるの?。本当のことを言っていないね。 ※ *https://www.sankei.com/af...
    3 週間前
  • 「ご愛用車のリコール(無償修理)実施に関するお詫びとお願い」が届いた(何回目?) - - リコール - 無償修理 以前にも同じような案内が来ていたと思う。同じ内容か新しい内容か、良く分からない。勘違いか。 内容はエンジン制御コンピューターのプログラムの問題らしい。 プログラム修正だけならスムーズな筈だが、みると、吸気側のバルブスプリング の交換も作業に入っていた。これの...
    3 週間前
  • 動物(犬猫)用医薬品 - 動物(犬)用医薬品 *狂犬病:* 1. 市役所への登録、鑑札の関係で獣医へ行くしかない。日本医は既に狂犬病は存在しないので、業界利権の温床。まれに狂犬病の報告があるが、例外中の例外で、そのために全ての医務に投薬は無用。個別事例としてどこに穴が開いていたかを 徹底追及すべきだがそこは仕事を放...
    4 週間前
  • フェイスブック・リブラが実現する社会の光と影 - 従来の仮想通貨とは全く違ったデジタル通貨。暗号技術を利用して勝手に消えたり化けたりしないことが担保される。しかし、マイニングによる投機的な扱いはない。実通貨との定率交換が保証されている。もしかすると、世界の流通量の7割をカバーすr通貨全体の指数を取るかも知れない。 - リブラ・アソシエーション ...
    4 週間前
  • 香港民主化デモ2019 - *香港民主化デモ2019* 香港の学生たちはこれまでになく危機感を募らせている。 中国共産党の意に沿わない人がいたら強制的に中国本土(中国共産党の横暴がまかり通る地域)に召喚・移送・幽閉できる法律を通そうとしているからだ。 世界が危機感を募らせているが、日本政府の反応は鈍い。 ※ アテネ(アテナイ...
    5 週間前
  • ドライブレコーダー:VREC-DZ700DLC - ドライブレコーダー:VREC-DZ700DLC 何が面倒かと言うとネット接続していないこと。これからのIoT時代の先端にいる筈が随分後ろを走っている。 映像を送ると考えるとストレスは小さくないが、メディア抜き差しよりは良い。毎回ドライブごとにやっていたら接触不良で痛めてしまう。 ブルートゥースかダイレク...
    1 か月前
  • コンゴのエボラは依然危険因子 - [image: +] 1. 前回の大騒ぎから数年経過しているのに依然危険因子。今年も油断はできないそうだ。特に、外国人観光客が多い場所は避けた方がいいのだろうね。 ※ *https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/...
    2 か月前
  • 今年の様子(5月末の棚卸) - [image: /] *今年の様子(5月末の棚卸)* 5月下旬の様子に7月上旬の様子を追加。 *梅:* - 白加賀:普通。虫に食われてやや少ないかな。梅酒に回す。 1. 豊作に近い。樹上完熟自然落果。 トータル10キログラム以上の収穫。1L~2Lサイズ。 2. 摘果して...
    1 年前
  • Profil Dan Biodata Rebekkah Mikaelson | The Originals - Rebekkah Mikaelsons yaitu bekas protagonis wanita The Originals, walau tidak jadi seri reguler mulai sejak Moon Over Bourbon Street. Dia yaitu ciri-khas...
    1 年前
  • - 淵野辺16号店の皆様 ご迷惑おかけしております。 当サイトは早々に部分非公開またはサイトクローズを予定しています。 当面は不定期なオープン、クローズを繰り返すことになります。 /
    2 年前
  • 舛添の闇はまだまだ深い~不可解な都立広尾病院移転計画~ - [image: /] *舛添の闇はまだまだ深い~不可解な都立広尾病院移転計画~* - 都立広尾病院 1. 週刊朝日のスクープ記事。 2. これに自民党都議が絡まない訳がない。 3. 豊洲移転でもそうだが、問題が起きると自民党都議はさっと隠れて、身内の締め付けをやるために懲...
    2 年前
  • 『カネを積まれても使いたくない日本語』 (朝日新書) : 内館牧子 - [image: _] *『カネを積まれても使いたくない日本語』* - カネを積まれても使いたくない日本語 - 朝日新書 - 内館牧子 ※ 1. 言葉は時代に流されていく。流れに乗るのか逆らうのか。生き方の問題でもある。 2. 言葉には言葉の意味しかないし、言葉が変われば意味も...
    3 年前
  • 審査員はオーディター?アセッサー?ジャッジ? - *審査員はオーディター?アセッサー?ジャッジ?* - 審査員 - オーディター - アセッサー - ジャッジ ※
    3 年前

Table


★A★★B★★C★

◆a◆◆b◆◆c◆